猛アタックする相手を傷つけないスマートな断り方とは?

2019/07/09

婚活をしていると、相手を傷つけたくないからといってタイプでもない人とズルズルとやりとりをし続け、どのようにして断ってよいか分からず困っている方もいます。このような場合、相手が一方的に盛り上がって猛烈なアタックをしてくることもあります。このような場合、どのようにすれば相手を傷つけることなくスマートに関係を解消できるのでしょうか。

 

1.可能性がない人は、早めに除外しよう

婚活をしている人の多くは、複数の人とやりとりを行い理想の相手を見定めていることが多い傾向にあります。このような場合、中にはまったく可能性がないけどついノリで連絡先を交換してしまい相手から頻繁に連絡が来るという場合もあります。

 

このような場合は、あなた自身がその人と結婚することを考えていなければ早めに対象外にしましょう。早めに切ることは一見すると、非情な決断をしていると思われるかもしれませんが、決してそうではありません。相手も、婚活のため必死になっているので、可能性がまったくないのであれば相手の婚活の時間を奪ってしまうことになるので、早めにその気がないということを伝えるようにしましょう。

 

しかし、伝えるといっても全員が素直に受け止めるわけではありません。中には断られたことで傷ついてしまう場合もあります。相手を傷つけることなくスマートに断るためには、どのようなことに意識をすればよいのでしょうか。

 

2.警戒しなければならない相手とは

相手のアプローチを断る際に、特に警戒すべき人物は猛烈なアピールをする相手です。このような相手に正面切ってお断りの旨を伝えると相手の態度が急変し、最悪の場合はうまくいかないことを腹いせに傷つくようなことを言われる可能性もあります。また自分自身が相手への気持ちがないのに、猛烈なアタックをする人を相手にしていると疲れてしまうので、早急に対応するようにしましょう。

 

3.スマートに断る方法とは

それでは、このような猛烈なアタックをする人たちに対して上手にお断りの連絡をするためには、どのようにすればよいのでしょうか。スマートに断る方法を紹介していきましょう。

 

3-1.時間が合わないことをアピールする

猛烈にアタックをする人は、会える日を作ってもらうために必死にアピールをしてきます。このようなときは、相手との時間が合わないことをアピールしましょう。例えば、相手が土日休みであれば、土日は仕事やほかの予定で埋まっていることを説明し、なかなか会えない状況を作ります。会えない状況を作り続けることで、あなた自身に気持ちがないことをそれとなく伝えることができます。うまくいけば相手から連絡がぴたりと止まる可能性があるので、試してみましょう。

 

3-2.連絡は遅れて返す

猛烈なアタックをする人は、「連絡が早く返ってくる人=自分に気持ちがある」と考えてしまいがちです。そのため、連絡をすぐに返してしまうのではなく少し連絡を遅くして相手の反応を伺いましょう。あまり放置し過ぎると連投でメールがきてしまう可能性があるので、2、3日ほど期間を空けて返しましょう。このとき、絵文字などは避けるようにしてください。

 

3-3.自分の弱点を指摘して断る

どのような方法で気がないことを伝えても、諦めずにアタックをする方もいます。このような場合は、自分と結婚しても絶対にうまくいかないということを伝えてみましょう。このとき気をつけることは、相手に問題があるのではなく、自分に問題があるというスタンスでアピールすることです。

 

自分と結婚しても、絶対にすぐにダメになってしまうことは目に見えていると説明すれば、相手が納得して別の相手を探す可能性があります。もちろん、相手は結婚しようと必死なので絶対にうまくいくと根拠のない理論を展開する可能性があります。

 

このような段階では親に紹介していない時期でもあるので、親のことを引き合いにして自分はよくても親がダメだということをそれとなく伝えましょう。

 

4.絶対にやってはいけないこと

猛烈なアタックをする人に対してさまざまな方法で断ることができますが、絶対にやってはいけないこともいくつかあります。無意識にやらないように気をつけてください。

 

4-1.相手を傷つける発言

嫌われるために相手を傷つける発言をしないようにしましょう。相手は自分を好きになってもらいたくて必死にアピールしているだけで、不快にさせようとは思っていません。このような人が傷つくような言葉をあえて投げかけて相手の気持ちをなくすのはスマートとはいえないので絶対にやめましょう。

 

4-2.無視し続ける

相手から一方的に連絡がきても無視し続けるのはよくはありません。気がなくても最低限の連絡はするようにしましょう。しかし、このとき丁寧なメールを送ると相手が勘違いをしてしまう可能性が高くなってしまうので、気持ちがないことを伝えるような、一言だけの返信などに徹しましょう。

 

5.まとめ

婚活をしていると、結婚をするために必死で猛アピールする方も少なくありません。このような人に遭遇したときは、スマートな対応で断るようにしましょう。

 

「Mariage Place」では満足度の高い婚活ができるように、スタッフが全力で徹底的にサポートをします。さまざまな婚活の悩みに対しても的確なアドバイスをしております。ぜひ一度、当サービスをご利用ください。