カラーセラピーでの藍色とピンクの心理的意味について詳しく紹介します!

2019/07/11

「カラーセラピーでは藍色とピンクはどのような意味があるの?」という疑問を持っている方のために、この記事ではカラーセラピーでの藍色とピンクについて詳しく解説していきます。

 

その色の意味を知ることで悪い方向に流れることを防ぐことができ、より良い人生を歩むことができます。藍色かピンクに惹かれているという方は、ぜひこの記事を読んでその意味を把握しましょう。

 

1.藍色が持つ意味

はじめにこちらの項目では、藍色が持つ心理的意味について詳しく紹介していきます。藍色に興味があるという方や、藍色についての知識を身に付けたい方はこちらをしっかり確認していきましょう。

 

1-1.藍色が持つ心理的意味(ポジティブ)

カラーセラピーでの藍色は、インディゴ・パープル・ロイヤルブルーと呼ばれており、主にインディゴといわれることが多いです。インディゴに惹かれているときは、インディゴが持つその深さにシンパシーを感じているときだと考えることができます。

 

インディゴは青色よりもさらに深さが増した色となっており、青色が持つ内側のつながりがというテーマもより深いものとなり、心の奥底にある自分の真実に向き合う時期であるという意味を持ちます。また、インディゴの視野は狭く深いものとなるので、自身の本質を見る洞察力や直観力が必要な時期になります。自分とは何なのかについて見つめなおしたいときには、積極的にインディゴを取り入れるといいでしょう。

 

1-2.藍色が持つ心理的意味(ネガティブ)

インディゴが持つ暗さや深さに過剰に惹かれてしまうときの心理状態は、深い暗さに包まれ、静寂の中に自分を隠してしまいたいという気持ちが考えられます。しかし、刺激を絶つという意味も持ち合わせているインディゴに過剰に惹かれているときは、自閉や孤独を招いてしまいがちなので注意が必要です。

 

インディゴの深く暗い内向きのパワーが強すぎるときには、全ての刺激をシャットダウンし、周囲との関係を取ることが嫌になってしまうかもしれません。もし、インディゴに過剰に惹かれてしまったときは、補色であるゴールドを取り入れ、外向的なパワーを補うといいでしょう。

 

2.藍色の色彩象徴

インディゴは深い色であり、深海や宇宙の果てを連想させるような色です。青色が太陽の光を浴びた明るい青空の色なのに対して、インディゴはその奥底にある深い宇宙を表しています。また、空と同時に連想される海の観点から見ても、青色は海の表層の明るい部分になりインディゴは深海を示す色となるのです。この深い青は古代から受け継ぐ意識の先のさらなる奥にある、無意識の知恵や神秘などをイメージさせる色となります。

 

インディゴは賢者の色ともいわれており、知っているということを表します。その「知っている」が指すのは誕生する前の深い水の底で知っていた真実のことで、それを再び探求するというテーマを持っています。江戸時代の日本では藍色は褐色(勝色)とも呼ばれており、武家にもとても愛されている色でした。

 

3.ピンクが持つ意味

ここからはピンクが持つ意味や、色彩象徴について詳しく解説していきます。まずはピンクが持つ心理的意味をポジティブ目線と、ネガティブ目線に分けて確認していきましょう。ピンクが気になる方や、ピンクが持つ意味を知っておきたい方は、こちらの項目からしっかり読み進めていきましょう。

 

3-1.ピンクが持つ心理的意味(ポジティブ)

ピンクには優しさや可愛らしさというムードがあり、ピンクに惹かれているときはこのムードにシンパシーを感じていることが多いです。それは、誰かからの愛情や優しさに包まれている場合や、自分が他の誰かに深い愛情を注ぎたいという心理状態の場合もあります。

 

愛情の受け渡しの意味を持つピンクは、カラーセラピーの観点から見ると赤色が持つ能動性と、クリアが持つ強烈な拡散を兼ね備えていると考えられています。そのため、ピンクに惹かれているときは身近な人から遠くの人にまで、愛情を拡散するほどのパワーに満ち溢れている状態です。

 

3-2.ピンクが持つ心理的意味(ネガティブ)

ピンクは良い意味で見ると純粋な無邪気さや甘えを意味するのですが、過剰に惹かれてしまうときには困難な課題に立ち向かっていくことや、大人としての責任を負うことを避ける生き方になってしまいます。このようにいつまでも誰かに守られる側でありたいという考え方が続くと、甘えすぎてしまったり現実逃避にはしってしまったりする可能性があるので注意が必要です。

 

しかし、本来のピンクの役割は誰かに与える色であるので、愛されたいの裏側にある愛したいという気持ちを引き出すことが大切になります。まずは身近な人に愛を与えてみることからスタートし、究極的には自分で自分を愛せるようになることが、より良い人生への導きになるのです。

 

4.ピンクの色彩象徴

ピンクは女性と愛の象徴の色とされており、生命の誕生を意味する色となります。ピンクには人を引き付けるような魅力があり、他人の注目を自分に引き付けることができる色です。また、ピンクはただ愛を求める色ではなく、赤色が持っている自ら目標を勝ち取りに行くという強さも持っています。生命の誕生を意味するピンクに惹かれるときは、強烈な目覚めのエネルギーを持つことができるときでもあるのです。

 

5.まとめ

今回の記事では藍色とピンクをカラーセラピーの観点から詳しく解説してきましたが、それぞれに深い意味があることが分かりました。カラーセラピーでは色が持つ本来の力を最大限に発揮して、人生の軌道を修正することができます。

 

「Mariage Place」ではカラーセラピーを使った本質診断や性格診断も受け付けているので、気になる方はぜひ相談してみて下さい。